『いわてのZINE Acil』いわてのジン アシル編集人日記

【心と体、環境の調和】をテーマに、食や農、手仕事、場づくりなどについて取材した雑誌「いわてのZINE Acil」を制作・発行しています。

2017.9.10(日)【第7回 里山フェスタ】ありがとうございました。

昨日「第7回 里山フェスタ」が無事修了しました。足を運んでいただいたお客さま、スタッフの皆さまご一緒いただいた出店者の皆さまありがとうございました!今回は見晴らしがよいほうがいいかと、普段使うタープ(屋根だけのテント)を張っていなかったのですが午前中、一時的に強い雨が。近くの出店者さんのブースに避難させていただき、危機一髪で助かりました…ありがとうございました。そしてご迷惑をおかけしました。午後は晴...
0

2017.9.10(日)は【第7回里山フェスタ】へ

おはようございます。ここ1週間くらいは夕方以降~夜の投稿だったのですが今日は第7回里山フェスタに出店し、夕方には無事・燃え尽きる予定のため 笑、朝に投稿しておきます。今年の里山フェスタは、いつにもまして食べもの系が充実しております。また、出店内容にちなんだクイズラリーやビンゴ、お得なワンデイ地域通貨(500円で550円分のお買い物ができる・200枚限定)などもあります。駐車場に限りがあるので、乗り合わせて...
0

シンポジウム【子どもの本の視点から震災を振り返る】

↑画像をクリックすると拡大します。岩手県民会館にて、標題のシンポジウムが開催されます。主催は、国際子ども図書館、県教育委員会、岩手県立図書館です。パネリストは詩人、随筆家、翻訳家のアーサー・ビナード氏、ともに児童文学作家の柏葉幸子さん、濱野京子さん。コーディネーターは児童文学・文化評論家の野上暁さんです。シンポジウム【子どもの本の視点から震災を振り返る】開催日時:2017年9月24日(日) 14:00~16:30会場...
0

2017.9.9(土)人間の復興大学・特別連続講座【むのたけじの「遺言」を聞く】

いつも訪問ありがとうございます。本日は盛岡市内で開催される講座のご紹介です。人間の復興大学・特別連続講座むのたけじの「遺言」を聞く日時:2017年9月9日(土)13:30~会場:日本キリスト教団内丸教会費用:100円問合せ:人間の復興大学事務局内容:エッセイスト木瀬なずなさん(ゆきのまち通信、日本子守唄協会「ららばい通信」などに寄稿)が「おんなの目から見たむのたけじ」というテーマで語ります。むのたけじさんは1915...
0

2017.9.10(日)【第7回 里山フェスタ】物々交換の古本について

昨日は9月10日(日)に奥州市江刺区で開催される第7回里山フェスタの準備をしました。今日は、その里山フェスタで予定している「古本の物々交換」について、お知らせします。◆古本の物々交換とは…「自分は何回も読んだ本だけど、まだ読んでいない人にオススメしたい」を基準に、0円で古本を交換するやりとりです。「私1人と、お客さま1人」の交換だけではなくお客さまに持参頂いた本を、別のお客さまにお持ち帰り頂くことで「お客...
0

「ベルガーディア鯨山」の佐々木格さんが「風の電話」を刊行

【Acil vol.8 場をつくる】の取材でお世話になった、大槌町「ベルガーディア鯨山」の佐々木格(いたる)さんがこれまでの活動をまとめた単行本「風の電話 大震災から6年、風の電話を通して見えること」を刊行されました。初期の文章校正をお手伝いさせて頂きました。coffee:cafe302「風の電話 大震災から6年、風の電話を通して見えること」定価:本体 1,800 円+税発行:2017年08月15日頁数:212頁判型:四六ISBNコード:978-...
0

物々交換していただいた本の感想 vol.3【分かりやすさの罠】

2016年7月の「青空商店」でお客様と物々交換したちくま新書「分かりやすさの罠-アイロニカルな批評宣言」をやっと読了しました。「分かりやすさの罠」-アイロニカルな批評宣言仲正昌樹 著筑摩書房 2006年5月オススメ度 ★★★★☆仲正昌樹(なかまさ・まさき)氏のプロフィール1963年生まれ。東京大学総合文化研究科地域文化研究専攻博士(学術博士)。現在、金沢大学人間社会環境研究科教授。主な著書に『「不自由」論』(ちくま...
0

「暮しの手帖」が【戦中・戦後の暮しの記録】を募集・締切迫る

先日の、あの国の行為には驚かされました。話が通じない(通じないふりをしている?)相手は本当に怖いです…。不穏な気配を感じつつ、本日の本題に入ります。「暮しの手帖」社が「戦中・戦後の暮しの記録」を9月末日(当日消印有効)まで募集しています。↑各画像ともクリックで拡大します。すでに、初代編集長の花森安治さんが発案したという全国から寄せられた投書を編んだ単行本「戦争中の暮しの記録(1969年)」がロングセラー...
0