『いわてのZINE Acil』いわてのジン アシル編集人日記

岩手を中心に食・農・手仕事・場づくりなどについて取材した【いわてのZINE Acil】を発行しています。他においしいもの情報、本や映画の感想など。

白神山麓•手這坂集落で茅葺民家のゲストハウスプロジェクトが進行中

0   0


訪問ありがとうございます。

また久しぶりの投稿になってしまいました。

今回は秋田県の手這坂集落で
現在進行中のゲストハウスプロジェクト
(クラウドファンディングを含む)のお知らせです。

白神山地の麓、八峰町の旧峰浜村に位置する手這坂は
江戸時代の紀行家•菅江真澄が桃源郷と呼んだ美しい集落。

数軒の茅葺民家が建ち並んでいましたが
2000年代に入り住人が途絶えてしまいます。

2012年、そこに一人移り住んだのが
宮城県出身の木村友治さん。
JICA青年海外協力隊として
南米のパラグアイで野菜の栽培指導をしていた方です。

木村さんは地元の保存団体などの協力を得て
12年空き家だった
茅葺屋根の古民家に住みながら少しずつ修復。
その過程を地域や県内外の方と
ワークショップなどで共有しながら
暮らしと学び、遊びの場を目指してきました。

2017年5月には集落を含めた環境の保存と活用、
地域の伝統と文化を生かしていくために
NPO法人「ミチノクニ手這坂」を立ち上げました。

現在はいよいよゲストハウスのオープンに向けて、
クラウドファンディングに挑戦中です。

今回のクラウドファンディングは
目標金額に達しない場合でも
プロジェクトを行うタイプ。
クラウドファンディングとしては
7月31日が期限となっています。

支援の使い道は、ほぼ茅葺屋根の修復工事の費用です。
茅3束3000円から支援内容を選べます。

実は木村さんにはAcil13号の取材でお世話になりました。
14号掲載の茅葺職人、風間さんが屋根の修復に関わっています。

木村さんが当時「こういうことをしたい」と
語っていたことがいま現実に動いている、
その醍醐味を感じます。


この機会に、多くの方が
手這坂に興味を持って下さればと思います!


手這坂のゲストハウスプロジェクトについて


岩手の食、農、手仕事、場づくりについて取材したZINE・Acilをつくっています


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://acilmorioka.blog.fc2.com/tb.php/868-84e21c08
該当の記事は見つかりませんでした。