『いわてのZINE Acil』いわてのジン アシル編集人日記

岩手を中心に食・農・手仕事・場づくりなどについて取材した【いわてのZINE Acil】を発行しています。他においしいもの情報、本や映画の感想など。

2019年3月7日

0   0

また久しぶりの投稿になってしまいました。

最近、たまたま
人生の最期をテーマにしたテレビ番組を観る機会が多く
いろいろと考えさせられます。

写真家・幡野 広志さん
取り上げた番組を観て感じたことは

「死」は誰のものなのか?

亡くなった本人の意志
遺族の希望
医師の判断

何を最優先すべきなのか?


ひとつの死にも、様々な側面があって
それぞれの立場で感じ方は異なります。

生き方同様、これが正解というのはない気がします。


岩手の食、農、手仕事、場づくりについて取材したZINE・Acilをつくっています


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://acilmorioka.blog.fc2.com/tb.php/860-5b424e40
該当の記事は見つかりませんでした。