『いわてのZINE Acil』いわてのジン アシル編集人日記

岩手を中心に食・農・手仕事・場づくりなどについて取材した【いわてのZINE Acil】を発行しています。他に本や映画の感想など。I report about making a meal, agriculture, handwork, a tradition technique, a place around Iwate and gather it up in a booklet.

2018年3月6日

0   0

こんばんは。
訪問ありがとうございます。

3月3日、4日に開催されたZINE DAY TAIWAN 2は大盛況で終了したようです。
足を運んでくださった皆さま、ありがとうございました。
事務局の皆さま、お疲れさまでした。
ありがとうございます。





最近、流通の本を読んだのですが
現在のスーパーマーケットが出てくるまでは
肉・魚・野菜・米 などそれぞれの専門店で
食材を購入していたため
スーパーは初めの頃「セルフサービスの店」という
触れ込みで出店していたそうです。

お客様が自分で買い物かごに商品を入れ
レジまで運び、会計をして袋に入れて退店する…

この今では当たり前の流れが、
接客から販売が始まっていた当時は
「セルフサービス」だったのですね。

今や時代は移り、スーパーではセルフレジを導入。
ネットで注文は当たり前、
配送センター内ではロボットがピッキング、
お届けまでもドローンでの実験が始まっています。
海外では、ネット通販大手による無人のコンビニも登場しています。

さまざまな分野で効率化、コスト削減のための
技術開発が進んでいます。

数十年後には、現在ある商店街が
人間が接客してくれる、特別な場所になっているのかもしれません。

このまま無人化が進むのは少子高齢化社会では
避けられないことなのかもしれませんが
生産性のないこと、時間=悪
みたいな風潮にならないことを祈ります。

ロボットやAIが進化するにつれて
人間が時間をどう使うか?
を問われているような気がして、
変なプレッシャーを感じてしまいます 笑。


※岩手の小売、流通の歴史については
2001年と、ちょっと前の発行ですが
いわて 流通の先駆者たちという本が分かりやすく面白かったです。


岩手の食、農、手仕事、場づくりについて取材したZINE・Acilをつくっています


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://acilmorioka.blog.fc2.com/tb.php/829-e9f74287
該当の記事は見つかりませんでした。