『いわてのZINE Acil』いわてのジン アシル編集人日記

【心と体、環境の調和】をテーマに、食や農、手仕事、場づくりなどについて取材した雑誌「いわてのZINE Acil」を制作・発行しています。

2017.11.3-4@岩手銀行赤レンガ館で開催・盛岡ホームスパンの祭典【Meets the Homespun 2017】

0   0


11月3日(金・祝)、4日(土)に盛岡のホームスパン工房や製作者による
初の合同展示販売会が開催されます。

要予約のワークショップ等はすでに定員になっているかも
しれませんが、、、お知らせします。


明治時代に国内各地で作られてきた毛織物・ホームスパンを
現在も受け継ぎ、それぞれ独自の技や表現を加えている
盛岡の7つのホームスパン工房とその門下生などによる作品
約300点が一堂に会します。

羊の原毛屋であり、出版社「SPINNUTS」を主宰する
本出ますみさんのスペシャルトークもあり。


会場は、1994年に現役の銀行として初めて
国の重要文化財に指定された「岩手銀行赤レンガ館」。
2012年に中ノ橋支店としての営業を終了し
2016年7月に公開施設としてリニューアルオープンしました。

赤レンガ館とホームスパン、
当たり前ですが古くから盛岡に根づいている同士で
とても相性が良さそうですよね。

ぜひ県外の方にも来ていただき、
中ノ橋かいわいの風景とともに
盛岡のさむさとあたたかさを味わっていただければと思います。


171103-04_盛岡ホームスパンの祭典


【Meets the Homespun 2017】以下、イベントfacebookページより。

日時:11月3日(金・祝)10:00-16:30、4日(土)10:00-16:00
会場:岩手銀行赤レンガ館(〒020-0871 岩手県盛岡市中ノ橋通1丁目2 中ノ橋通1丁目2-20)
【Meets the Homespun 2017】公式HP

<出展工房および作家>
蟻川工房、中村工房、みちのくあかね会、田中祐子、植田紀子織物工房、
森由美子、舞良雅子、あとりえ 木(MOKU)/木村泰子、beige/佐々木トモミ、
富樫由紀子、澤村佳菜・原しおり(植田紀子織物工房)、mää-mää homespun、小山牧子

<スペシャルトーク>
4日(土)10:30〜12:00
「羊の可能性と、未来のはなし(仮)」
本出ますみさん(京都/羊の原毛屋・クラッサー)

参加無料(カンパ制)※羊の本の出版などに活用させていただきます
羊の原毛屋であり、出版社「SPINNUTS」代表の本出ますみさん(通称ポンタさん)を招き、
羊のもつ力と可能性について、また世界各地を歩いてきた本出さんが見る、
岩手のホームスパンについてなどをお話しいただきます。予約不要、当日会場へおこしください。

<ワークショップ> 要予約

3日/「手織りコースターづくり」 10:30〜/14:00〜
参加費1,500円/各回5人
講師/mää-mää homespun(めーめーホームスパン)さん

4日/「タペストリーづくり」 13:30〜 14:30〜
参加費1,500円/各回6人
スライバー(太いヒモ状の羊毛)を使って、古代の織機を再現した腰帯機でタペストリーを織ろう!
講師/佐々木トモミさん/beige

【参加方法】参加希望WS名、希望時間、氏名、年齢、ご住所、電話番号を明記の上、
info@tekuri.netまでお申し込みください。詳細を返信いたします。
※携帯の場合はpcからのメール返信を受け取れるように設定おねがいします。

<手紡ぎ実演>
3日 手紡ぎ機による実演、簡単な紡ぎ体験もできます。


(引用ここまで)


岩手の食、農、手仕事、場づくりについて取材したZINE・Acilをつくっています



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://acilmorioka.blog.fc2.com/tb.php/739-9f722944
該当の記事は見つかりませんでした。