『いわてのZINE Acil』いわてのジン アシル編集人日記

【心と体、環境の調和】をテーマに、食や農、手仕事、場づくりなどについて取材した雑誌「いわてのZINE Acil」を制作・発行しています。

2017.9.10(日)【第7回 里山フェスタ】ありがとうございました。

0   0

昨日「第7回 里山フェスタ」が無事修了しました。
足を運んでいただいたお客さま、スタッフの皆さま
ご一緒いただいた出店者の皆さま
ありがとうございました!

今回は見晴らしがよいほうがいいかと、
普段使うタープ(屋根だけのテント)を
張っていなかったのですが
午前中、一時的に強い雨が。

近くの出店者さんのブースに避難させていただき、
危機一髪で助かりました…ありがとうございました。
そしてご迷惑をおかけしました。
午後は晴れ渡ったので良かったのですが
そうでなかったら…
やはり屋外ではタープは必須ですね。


そして、この日はまた自分のカメラを忘れまして(苦笑)。
後程、里山生活学校さんの
ブログに写真などがアップされると思いますので、
すみませんが、当日の様子はそちらでご確認ください。


クイズラリーは、小さい子が回答用紙を握り締めて
必死に答えを考えているのが可愛らしかったです。
ほかの出店者さんのブースや、森の中の問題では
大人も一緒に悩んでいたそうで、
回答のしがいがあったのではないでしょうか。

クイズの問題は各々の出店者さんが
「地域資源の活用」に関係する内容で
出題しているのですが、
Acilは自分の本の内容から、そこにつながる問題を出しています。
「地域資源の活用」という観点は、いずれにしろ
今後も触れ続けるテーマだと思っています。


今年は森のほうにジャングルジムが増えたのもあり
スタッフさんの人数が過去最大だったそうです。

森中心のスタッフさん、駐車場中心のスタッフさん
受付まわり、など各所において連携がとられていました。
森と出店者がいるマーケットは離れていますが
スタッフさんの尽力のおかげで、お客様がマーケットから森へ
森からマーケットやワークショップなどへと
いろいろな面で楽しんでいただけた気がします。

森は出店していると見に行くことはできないのですが
みなさんの声を聞くと、小さい子から大人まで
「せいいっぱい遊んだ」とのことで何よりです。


あとは「オチのないコラム」を楽しみにしていると
言ってくださったコアな方 笑や、
スタッフさんの中でもお顔は知っていたものの
初めてきちんと会話させていただいた方もいて
嬉しかったです…。

以前取材させて頂いた方との再会、
新たな出会いもありました。

里山フェスタでは、解散前に
出店者・スタッフが1日をシェアする会があり
1人1言ずつ感想を述べるのですが
ここでもう少し笑いをとれれば、
Acilも一人前かなと思っています(何の?)。


岩手の食、農、手仕事、場づくりについて取材したZINE・Acilをつくっています



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://acilmorioka.blog.fc2.com/tb.php/682-4bd8a42d
該当の記事は見つかりませんでした。