『いわてのZINE Acil』いわてのジン アシル編集人日記

【心と体、環境の調和】をテーマに、食や農、手仕事、場づくりなどについて取材した雑誌「いわてのZINE Acil」を制作・発行しています。

2017.6.18(日)@花巻【懐かしの味研究所】ありがとうございました

0   0

訪問ありがとうございます。

今頃ですが、先月花巻で開催された
「いわての食の匠から教わる 家庭で伝えたい 懐かしの味研究所」
の様子をお知らせします。

遠野の食の匠・菊池イヨ子さんに郷土料理やお菓子の作り方を教わる会です。
2015年からスタートし、花巻マルカン1F
「5th SEASON(ファイブシーズン)」の千田さんと協力して進めています。


今回はごま揚げだんご、ごまぶかし、そして「当日のお楽しみ」を教わりました。

遠くから参加してくださった方、リピーターの方、初めての方
地域や年代も様々でしたが
おいしいものは人をまとめる力がありますね(笑)。

170618_hanamaki_002_mini.jpg

まずはごま揚げだんごから。
170618_hanamaki_007_mini.jpg
こし餡を丸めるところ。皆さんの気持ちがこし餡でひとつにまとまったようです。

170618_hanamaki_025_mini.jpg
もち粉に少しずつ水を加え、しとねていきます。
硬さの調整に、片栗粉を適宜混ぜるといいそうですよ。
予備の粉を用意しておくのも大事。

170618_hanamaki_029_mini.jpg
生地を棒状にのばして団子のサイズに切ります。

170618_hanamaki_032_mini.jpg
こし餡は生地で包むので、ごく小さなサイズで大丈夫…。
あれ? 餡食べてます?

170618_hanamaki_033_mini.jpg
餡を包み、きれいなお団子ができました。

170618_hanamaki_035_mini.jpg
卵白をお団子の全体につけてから、炒った黒ごまと白ごまをまぶします。

170618_hanamaki_036_mini.jpg
サラダ油を熱し、中火で揚げていきます。

170618_hanamaki_038_mini.jpg
お団子が動いてきたら、鍋からあげます。
この時点ですでにおいしそうな香り!

170618_hanamaki_047_mini.jpg
ごま揚げ団子の完成です。この会では、今回が揚げ物初挑戦でしたが
さすがイヨ子さん。テキパキと進み、おいしいごま揚げ団子ができました。


その後、蒸し器を使ったごまぶかしへ突入。
170618_hanamaki_057_mini.jpg
一度蒸したもち米に、調味料を混ぜ合わせます。

170618_hanamaki_064_mini.jpg
10分~15分ほど蒸します。2回蒸すことになりますが、
ぬめりがつくので下にしく木綿は毎回洗うか、換えたほうがいいそうです。

170618_hanamaki_067_mini.jpg
飾りのくるみはあってもなくてもいいのですが、断然あった方がおいしいです。
今回はさらに金時豆を添えました。

当日のお楽しみ
170618_hanamaki_049_mini.jpg
この揚げ餅が異常に美味しかった(笑)。
170618_hanamaki_045_mini.jpg
ごま揚げ団子で余った卵黄を生かして、炒り卵のコツも教わりました。
ほろほろ~食感に驚き。

170618_hanamaki_068_mini.jpg
ごま揚げ団子、ごまぶかし、揚げ餅、炒り卵とこの日のメニューが勢ぞろいしました。
イヨ子さんお手製のブルーベリージャム、しょうがの醤油漬けもいただきました!
ありがとうございます! ごちそうさまです!


参加頂いた皆さまの協力もあり、調理道具探しから(笑)
実践、試食、片付けまで楽しく終わりました。
皆さまありがとうございました。

イヨ子さん、5th SEASONの千田さんお疲れさまでした。
次回は今年の秋、とざっくりした時期のみ決まっています。
詳細が確定したら、またお知らせします。m(_ _)m



岩手の食、農、手仕事、場づくりについて取材したZINE・Acilをつくっています



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://acilmorioka.blog.fc2.com/tb.php/640-0e9e67d8
該当の記事は見つかりませんでした。