『いわてのZINE Acil』いわてのジン アシル編集人日記

【心と体、環境の調和】をテーマに、食や農、手仕事、場づくりなどについて取材した雑誌「いわてのZINE Acil」を制作・発行しています。

2017.7.8(土)-9(日)【青空商店】

0   0

訪問ありがとうございます。

170708-09_青空商店フライヤー

いよいよ今年も「青空商店」の季節がせまって参りました!

「青空商店」は、盛岡市青山の家具・雑貨店「道具屋」さんが主催する人気のイベントで
今回から、年1回の開催となります。
その分、濃い内容となっていると思いますので
道具屋日誌
青空商店 facebookをチェックしつつ
当日まであれこれ想像して頂ければ。
一緒に楽しみましょう!


青空商店2017
日時:2017/7/8(土)-7/9(日)10:00-17:00
会場:旧練兵場 赤レンガ ※屋内、一部飲食店さんが屋外
盛岡ふれあい覆馬場プラザ
(盛岡市青山2丁目6-8)
Google map


<お客様へお願い>
・エコバック持参 
・簡易包装 にご協力下さい
・ゴミは、お買い上げいただいたお店で破棄頂くか
お持ち帰り頂きますよう、お願いします
マイカップ、マイ箸、マイ食器 大歓迎です
会場一角に洗い場がありますので、すすいでお持ち帰り頂けます

お買い上げ頂いた、各お店でゴミを回収しております
ご面倒ではありますが、
ぜひ、お食事の感想などの会話を楽しむがてら
お店さんにお返しください
みなさんの笑顔、お待ちしております!
(会場に、ゴミ箱の設置はございません)





AcilはAcilの販売、
古本の物々交換、 古本の販売を予定しています!

Acilは最新刊をお持ちします。

古本は販売・物々交換ともに
「衣食住」「手仕事」「健康」「環境」などの
テーマを中心にお持ちする予定です。

古本の物々交換は、厳密な基準を設けているわけではありませんので
下記の流れを参考に、お気軽にお持ちください。


170708-09_book_mini.jpg
※これまでの物々交換より。中には旅立った本もあります。


古本の物々交換とは…

「自分は何回も読んだ本だけど、まだ読んでいない人にオススメしたい」
を基準に、0円で古本を交換するやりとりです。


「私1人と、お客さま1人」の交換だけではなく
お客さまに持参頂いた本を、別のお客さまにお持ち帰り頂くことで
「お客さま同士」の交換を間接的に行い、くるくる循環できればと思います。
Acilで準備した本とお客さまの本により、毎回品揃えが変わっていきます!


ネット検索にはない偶然の出会い・0円のコミュニケーションを楽しみながら、
お互いにうれしい「価値の交換」ができればと思っております。
お客さまはもちろん、出店者さまの持ち込みも大歓迎です!



古本の物々交換の流れ

・当日、Acilのブースへ交換用の古本をお持ち下さい。
タイトルや冊数を確認させて頂いた後、お客さまの古本が物々交換スペースに並びます。

・交換スペースの古本の中で、欲しい本があれば
「自分が持ってきた冊数」まで、持ち帰ることができます(基本1冊につき1冊)。
Acilにお声がけください。

・もし残念ながら欲しい本がない場合には、
交換用にお持ち頂いた本をお返し致します。
初めに様子を見て、欲しい本があれば声をかけて頂くという順序でもOKです。


物々交換用の古本について

・古本の平均的な状態(経年変化が多少あっても本文が読める)であればOKです。
一部破れている、線をたくさん引いているなどの場合はご相談させてください。

・交換の対象とならないもの
漫画本、参考書、公序良俗に反する内容のもの
※古本の買取は行っておりません。

・本は1冊ずつしかありませんので、気になる本はお早目の交換をオススメします。
申し訳ございませんが、交換済の場合はご了承くださいませ。

・当日、記録のために本の写真を撮影させて頂きたいと思っています。
写真はイベント終了後、ブログなどでご紹介する場合があります。

・ご持参頂いた古本がイベントの期間中、交換に至らなかった場合は
次回以降の古本の物々交換に活用させて頂きます。


↓お時間ある方は、古本の物々交換の参考にご覧ください。
古本の物々交換 2017年11月青空商店



岩手の食、農、手仕事、場づくりについて取材したZINE・Acilをつくっています


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://acilmorioka.blog.fc2.com/tb.php/638-7ff4dfc9
該当の記事は見つかりませんでした。