『いわてのZINE Acil』いわてのジン アシル編集人日記

【心と体、環境の調和】をテーマに、食や農、手仕事、場づくりなどについて取材した雑誌「いわてのZINE Acil」を制作・発行しています。

2016.9.25【南郷アートジャムフェスタ&トルホヴォッコのおはなし】ありがとうございました。

0   0

9月25日(日)に八戸市南郷で行われた
「Viva! Bossa!! 13 南郷アートジャムフェスタ
&トルホヴォッコのおはなし/おどる絵本」に
参加させて頂きました。

足を運んで下さった皆さま、ありがとうございました!

主催のzodiac nova pop-machine&contemporary systemのお2人
ろっかく珈琲さん、ご一緒させて頂いた皆さま、お世話になりました!

ろっかく珈琲さんブースの一部に
入らせて頂いて、1日中行われるライブも
楽しみ、南郷の1日を満喫させて頂きました。

私の告知が遅すぎたので心配だった
古本の物々交換もなんとか成立しました!
ありがとうございました~。

物々交換用の本をお持ちでなかったお客様
すみませんでした!


久しぶりの再会も、出会いもあり
たくさんの初めましてのお客様とお話できました。
調子にのって、少ししゃべりすぎたかもしれません。
皆さん、お相手して頂いてありがとうございました。



夕方からは南郷文化ホールでの
音楽劇「トルホヴォッコのおはなし/おどる絵本」。


紗幕にいろいろなイラストや文字が投影されて、とても素敵でした。
さすが、おどる絵本。
これは出演者だけでなくスタッフも台本を完璧に頭に入れて
何回もリハーサルしないと舞台が成り立たないな~。

こちらの南郷文化ホールのスタッフさんはその点
とても協力的で、「トルホヴォッコを別の地域でやりませんか」という
お話もあるそうですが、この場所とスタッフさんあってこその
舞台ということで、今まで別のホールで上演されたことはないそうです。


出演&裏方は無邪気な大人と子ども、その間の人。
みんなが不思議に思うことや
こうだったらいいなと想像することを
一緒に形づくっていくと、こういう世界ができるのかな~という。


誰に向けて、というわけではなく
誰が見ても何か受け取るものがありそうな
シンプルだけど壮大な音楽劇でした。

来年は「トルホヴォッコ組曲」として
これまでの集大成となる、
最後のトルホヴォッコの舞台が上演されるそうです。

今年見逃した方はぜひ来年!

Viva Bossa

160925_vivabossa_001.jpg
160925_vivabossa_002.jpg
160925_vivabossa_006.jpg
160925_vivabossa_005.jpg
160925_vivabossa_007.jpg
IMG_0972.jpg
160925_vivabossa_008.jpg
160925_vivabossa_011.jpg
160925_vivabossa_009.jpg
160925_vivabossa_013.jpg
160925_vivabossa_014.jpg
160925_vivabossa_015.jpg
160925_vivabossa_016.jpg
160925_vivabossa_018.jpg

岩手の食、農、手仕事、場づくりについて取材したZINE・Acilをつくっています



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://acilmorioka.blog.fc2.com/tb.php/515-595c3350
該当の記事は見つかりませんでした。