『いわてのZINE Acil』いわてのジン アシル編集人日記

岩手を中心に食・農・手仕事・場づくりなどについて取材した【いわてのZINE Acil】を発行しています。他においしいもの情報、本や映画の感想など。

11/23(月・祝)いわての食の匠から教わる 家庭で伝えたい・懐かしの味研究所 第2回終了!ありがとうございました。 

0   0


遠野在住の食の匠・菊池イヨ子さんから
「遠野きりせんしょ」と「きのこのおふかし」を教わる料理教室。
天候が悪い中、満席の10人の方にご参加いただきました。
ありがとうございます!

イベント概要

第1回は「鎌焼きもち」を作りました。第1回の様子はこちら

今回は、イヨ子さんが食の匠に認定されたオリジナルの「遠野きりせんしょ」。
中にくるみが入っていますが黒糖は入れず、
葉っぱ型のきりせんしょの上から、甘い醤油ベースのたれをかけた独特の味です!


151123_hanakita_013_mini.jpg
冷めても美味しいのですが、つくりたてのほかほかは全然違いました!
これは作ってみないとわからないですね。
遠野きりせんしょ、きのこのおふかしそれぞれお土産付きでしたが
私などはその日のうちに完食しました笑。

151123_hanakita_020_mini.jpg
きのこのおふかしは、イヨ子さんがご自分で収穫した今年の新米を使用!
市販のタレを使ったものを参考にと持ってきてくださり、
開催時間内でふかし器使用、炊飯器使用と
なんと3パターンを知る機会に恵まれました。
イヨ子さん、ありがとうございます。


「遠野きりせんしょ」「きのこのおふかし」は
どちらも1つのふかし器を使うため
作業が途中から同時進行でしたが
参加者の皆さんは、しっかりついていってくれてました。

151123_hanakita_003_mini.jpg

151123_hanakita_007_mini.jpg

151123_hanakita_011_mini.jpg

今回もイヨ子節が炸裂した楽しい時間でした。
きりせんしょの生地にくるみを包むところを
「とつこめる」と言ったり
「とつこめる」は分かる…と平常心で聞いていた参加者の方も
「!?」と反応ができない言葉が飛び出すなど
(イヨ子さんは必ず解説してくれるので
料理とともに方言の知識も増えていきます。)

151123_hanakita_014_mini.jpg

151123_hanakita_015_mini.jpg

151123_hanakita_019_mini.jpg

時間中には、イヨ子さん独自の「梅のおふかし」についても
口頭で教えてくださいました。
イヨ子さんの場合は、そのレシピの最中にも
ちょいちょい人を笑わせる仕掛けが入っているんですね。

まじめにメモをとっている方もいれば、
つぼにはまっている方もいて
イヨ子さん、がっちり皆さんの心をつかんでいました。
さすがです!

開始前に、ザルやボールなどおもに使われる器具は
出しておいたつもりでしたが
やはり作っているうちに「あれはどこ?」「これがない」と
バタバタしてしまいました。

参加された方は皆さん、率先して片付けや
洗い物をしてくださり、本当に助かりました。
先に完成したきのこのおふかしを、
おにぎりにしてくださった方も…。
イヨ子さんも背の高い方に
棚の上部にあるものを取っていただいたり
先生と生徒? にも見えました。

とはいえ、次回はもっと「てんどよく」動けるようにしたいと思います。
皆さん、ありがとうございました。

151123_hanakita_023_mini.jpg

15:00~の座談会では、イヨ子さんのお話を聞きながら
きりせんしょとおふかし、イヨ子さん自家製の大根の漬物
イヨ子さん差し入れのりんごなどをつまみました。
BaanGajaの千田さんが用意してくださったマテ茶も美味しかったです。
ありがとうございます。
Baan Gaja


参加者の方に感想を伺うと
「遠野きりせんしょ」が普通のきりせんしょと違うのでそこに興味をもたれた方や
ふかし器は持っているけど、きちんとレシピを知りたいという方
お米が好きなので今回のメニューはどちらも興味津々という方。
地域は北上からの方が多かったのですが
年代も幅広く、中にはご家族を伴って参加された方も。
(集合写真のシャッターを押していただきました。ありがとうございました!)
イヨ子さんも仰ってましたが
ひとつの大家族のような一体感が生まれていました。


これから習うとしたら、どんなお料理やお菓子をご希望なのか?
もお聞きし、豆銀糖、けいらん、麹を使った目新しい料理など
いろいろな意見をいただきました。
次回に生かしていきたいと思います。

151123_hanakita_026_mini.jpg

参加された皆さま、BaanGajaさま
ありがとうございました!
次回は来春の予定です。
お楽しみに。











関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://acilmorioka.blog.fc2.com/tb.php/411-b63312ad
該当の記事は見つかりませんでした。