『いわてのZINE Acil』いわてのジン アシル編集人日記

岩手を中心に食・農・手仕事・場づくりなどについて取材した【いわてのZINE Acil】を発行しています。他においしいもの情報、本や映画の感想など。

2015年11/14(土)15(日)10:00~16:00@盛岡ふれあい覆馬場プラザ【青空商店2015冬】古本の物々交換の内容

0   0

毎回人気、道具屋さん主催の【青空商店】。
7月に開催された【2015夏】にひき続き、
11月14日(土)15日(日)2日間とも参加させて頂きます!

「Acil」のバックナンバーの販売と
今年4回目の古本の物々交換も行います!
【2015夏】では「食文化」をテーマに、お客様と古本を交換させて頂きました。
イベントにわざわざ本を持参して頂くため、お荷物になってしまうのですが
交換させて頂いた皆様ありがとうございました。m(__)m

1511_青空商店フライヤー表
『青空商店 2015 冬』
日時:11/14(土) 10:00-16:00 11/15(日) 10:00-16:00
会場:盛岡ふれあい覆馬場プラザ(盛岡市青山2-6-8)
道具屋さんHP
青空商店Facebook 




◆古本の物々交換とは…

「自分にはいらなくなった本だけど、まだ読んでいない人にオススメしたい」
を基準に、0円で古本を交換するやりとりです。

今回は、新たな試みとして
「私1人と、お客さま1人」の交換だけではなく
お客さまに持参頂いた本を、別のお客さまにお持ち帰り頂ける
「お客さま同士」の交換も間接的に
できる形にしたいと思います。

本のテーマは特になく、
Acilで準備する本とお客さまの本により
品揃えが変わっていきます!

0円のコミュニケーションを楽しみながら、
お互いに楽しい「価値の交換」ができればと思っております。

お客さまはもちろん、出店者さまの持ち込みも大歓迎です!


◆古本の物々交換の流れ

・当日、Acilのブース内に受付を設けます。
ここでタイトルやお持ちになった冊数をチェック後
お客さまの古本が物々交換スペースに並びます。

・交換スペースの古本の中で、欲しい本があれば
「自分が持ってきた冊数」まで、
持ち帰ることができます(基本は1冊につき1冊)。
古本を選ぶのは持参して頂いた時でなくとも、
後程でも構いません。

・最後に、欲しい本(持ち帰りたい本)について
ひと声かけていただき終了です。


◆ルールのようなもの

・欲しい古本と交換して頂くのが一番ですが
「古本の持ち込みのみ」も大歓迎です。

・古本の持ち込みに料金等は発生しません。

・テーマは特にありません。

・古本に付箋などでその本を読んだ感想、
どんな人にオススメなど
「一言エピソード」を書いてお持ちください。
エピソードは当日会場でも書けるようにするほか、
受付でお話ししてもらい
こちらで付箋を付ける形でもOKです。

・受付時間は「青空商店」の開催中です。

・ご持参頂いた古本が残った場合は次回以降に出品
または復興支援に関わるNPO法人などへの寄付
(中古販売店での古本の買取価格が、そのまま寄付となります)
に活用させて頂きます。


◆Acilセレクトの本

今回は、個人的に少し前から気になる
「地域づくり」「仕事」についての本を選びました。

起業は山間から
起業は山間から‐石見銀山 群言堂 松場登美、森 まゆみ

本屋になりたい
本屋になりたい:この島の本を売る 宇田智子

自分の仕事をつくる
自分の仕事をつくる 西村佳哲

ひきこもり町おこしに発つ
ひきこもり町おこしに発つ 藤里町社会福祉協議会、秋田魁新報社

ソトコト4_あたらしい経済
SOTOKOTO(ソトコト) 2015年4月号 あたらしい経済

ソトコト3_社会貢献プロジェクト
SOTOKOTO(ソトコト) 2015年03月号 アイデアにあふれる社会貢献プロジェクト

職人学
職人学 小関 智弘

10年後に食える仕事食えない仕事
10年後に食える仕事、食えない仕事 渡邉 正裕

自主独立農民という仕事
自主独立農民という仕事―佐藤忠吉と「木次乳業」をめぐる人々 森まゆみ

人口18万人の街がなぜ美食世界一になれたのか
人口18万の街がなぜ美食世界一になれたのか―
スペイン サン・セバスチャンの奇跡 高城 剛

年収6割でも週4日という生き方
「年収6割でも週休4日」という生き方 ビル・トッテン

それでもお店が開きたい!
それでもお店が開きたい!―小さなお店をつくるためのアイデア&スピリッツ
園田千絵

Re:s_5
Re:S Vol.5 継いでから、つくる。

地域再生7つの視点
地域再生7つの視点 かしのたかひと/山口裕史

手に職。
手に職。 森まゆみ


◆持参して頂いた本について

古本の平均的な状態(経年変化が多少あっても本文が読める)であればOKです。
本の損傷が著しい場合はご相談させてください。
また、本は1冊ずつしかありませんので
お目当ての本が交換済の場合もあります。
申し訳ございませんが、ご了承頂くださいませ。

この記事をお読み頂き、何か質問がございましたら、
お手数ですがメール(acilmorioka★gmail.com ★→@に変更)や、
当日にでもご相談ください。














関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://acilmorioka.blog.fc2.com/tb.php/393-de81b769
該当の記事は見つかりませんでした。