いわてから持続可能な暮らしを発信・半農半ライター・アシル編集人日記

【心と体、環境の調和】をテーマにした「いわてのZINE Acil」を制作・発行しています。記事内の店舗情報等は訪問当時のものです。イベント情報等についても、最新の公式情報のご確認をオススメします。リンク希望の方はコメント欄などでご連絡ください。写真、文章などの無断使用はご遠慮ください。

タカキビ収穫@岩泉

0   0

こんにちは。
10月に入り、盛岡は急に寒くなりました。
最低気温も一桁になり、
最低気温と最高気温の差がいよいよ縮まっていきます。

先月、岩泉でタカキビの収穫を体験してきました。

150919_iwaizumi_010_mini.jpg


その名も「きびだんご大作戦」。
5月のタカキビの種まきに続く第2弾です。
同町の「すだれ小豆」も使い
最終的には、自分たちで「きびだんご」をつくって
食べようじゃないかという企画です。

スローフード岩手事務局さんのご案内で
10名前後が県内各地から参加しました。


150919_iwaizumi_001_mini.jpg
まずは、鎌などでバツバツとタカキビを刈取っていきます。

150919_iwaizumi_002_mini.jpg
皆さんが収穫している間、はせの準備も着々と。
今回の「きびだんご大作戦」の
総指揮官・平成生まれの長老さんが準備してくれました。

150919_iwaizumi_004_mini.jpg

150919_iwaizumi_005_mini.jpg
タカキビは穂の位置を揃えて裁断→はせ掛けにしますが、
この揃える作業がけっこう大変です。

150919_iwaizumi_007_mini.jpg
茎が固いので稲に比べるとかけづらいですが、はせに掛けていきます。

タカキビを麻紐で束にしている間、なぜか「満州娘」なる戦時歌謡曲がかかり、「ここはどこ」という感覚に。
どうやら平成生まれの長老さんによる、おもてなしだったようです。
ご本人は生まれていないのに、ハミングしていましたから。

150919_iwaizumi_008_mini.jpg

150919_iwaizumi_011_mini.jpg

150919_iwaizumi_017_mini.jpg
手前は、いずれ「きびだんご」に使われるであろう「すだれ小豆」。
この日は、「すだれ小豆」に隠れて生育する、別の品種の小豆を摘発するという
人呼んで「小豆Gメン」が大活躍。素人目にはわからないんですが、プロの目はごまかせません!

150919_iwaizumi_018_mini.jpg
この日は茶色で乾いているものを中心に少量を収穫しました。

10月はタカキビの脱穀や「すだれ小豆」の豆うちなどを行う予定です。
平成生まれの長老さんによると、はせ掛けにしたタカキビが
ハトの猛攻を受けているとか…。
「きびだんご大作戦」、無事にだんごは完成するのか!?
次回を楽しみにお待ちください。










関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://acilmorioka.blog.fc2.com/tb.php/391-64baa595
該当の記事は見つかりませんでした。