いわてから持続可能な暮らしを発信・半農半ライター・アシル編集人日記

【心と体、環境の調和】をテーマにした「いわてのZINE Acil」を制作・発行しています。記事内の店舗情報等は訪問当時のものです。イベント情報等についても、最新の公式情報のご確認をオススメします。リンク希望の方はコメント欄などでご連絡ください。写真、文章などの無断使用はご遠慮ください。

県産小麦

0   0

おはようございます。
本日はデスクワーク中心にお盆前に完了したい
(完了させないと、いろいろマズイ)
あれやこれやに励んでいるアシル編集人です。

月刊誌のお仕事については
あまり書く機会がないのですが
今回は珍しく、すべてのお店から取材について快くご了解いただいた企画!

県産小麦特集です。
梅雨のない北海道には及ばないものの、
岩手も小麦の品種は
昔からいろいろ開発して、栽培しているんですね。
南部小麦、ゆきちから、ネバリゴシ、銀河のちからなど…。

取材にご協力いただいたお店を
宣伝がてら、チラ見せします笑。

150812_misisipi.jpg
一度行った方は器だけでわかるであろうあのお店。

150812_volare (500x278)
鰹がとっても美味しかった~野菜は佐々恵農園産。
いろいろと食にまつわるお話も伺い、勉強になりました!(^^)!

150812_muginotubu.jpg
春小谷内地別荘地内にひっそりと建つパン屋さん。

bochika_sh_150812.jpg
いわて門崎牛の熟成肉がごろっとのったピザ!
8月6日に、元フレッシュネスバーガーの位置(サンクイーンビル)に
オイスターバー「シスコ オーシャンダイニング」をOPした系列のお店です。
↑こちらは今回の取材はありませんが
シーフードメニューとカリフォルニアワインが中心とのことです(^_^)

この熟成肉、小売りしてくれないかな~。
無理ですね笑。

あるお店の方にTPPについて伺ってみたところ
同じ品質で安い小麦・高い小麦があれば、価格で選ばれるのは当たり前。
質が良く、安心ですと胸をはって提供できるものを生産者、飲食店側は
提供しなければいけないし
消費者も少し勉強して、見極めていって欲しい
とのことでした。
海外と日本の小麦では栽培規模、市場規模が違いますからね。

誌面ではあまり語ることができないのですが
そんな食の背景についても
想像してもらえたら嬉しいです。m(__)m
ちなみに8月25日発売です、よろしくどうぞ。








関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://acilmorioka.blog.fc2.com/tb.php/380-d5b85364
該当の記事は見つかりませんでした。