『いわてのZINE Acil』いわてのジン アシル編集人日記

【心と体、環境の調和】をテーマに、食や農、手仕事、場づくりなどについて取材した雑誌「いわてのZINE Acil」を制作・発行しています。

2015.6.27(土)~6.28(日)@岩手県公会堂【岩手県広告写真家協会 30周年記念写真展 瞬きの時間~1/30second】

0   0

150626_IAPA30thDM.jpg

【岩手県広告写真家協会 30周年記念写真展】

に行きました。

写真展のタイトル「瞬きの時間~1/30second」に沿った
17人のカメラマンさんの作品と
30年の県内のコマーシャルフォトの歩みを振り返った
ポスター、パンフレット、雑誌など新旧の媒体が展示されています。

2015協会展 (岩手県広告写真家協会30周年記念写真展)

タイトル:「瞬きの時間~1/30second」
会  場: 岩手県公会堂 2F 21号室 (盛岡市内丸11-2)
会  期:2015年6.26(金) 18:00-20:00
      オープニングパーティー(会費3,000円)
     6.27(土) 9:00-21:00  6.28(日) 9:00-19:00 ※入場無料
http://iwate-apa.net/index.html" target="_blank">http://iwate-apa.net/index.html</a>" target="_blank" title="IAPA 岩手県広告写真家協会">IAPA 岩手県広告写真家協会


        岩手県広告写真家協会設立30周年
        「瞬きの時間~1/30second」と題し
         その30年の一つひとつである軌跡
           (クロニクル広告物展示)と
       1/30秒という瞬きをする合間のごとき
     刹那の時間を「瞬きの時間~1/30second」
                として表現します

(以上フライヤーより)


150627_岩手県広告写真家協会30周年


同じテーマを念頭においた作品でも
撮る人が違うと
こんなに違うのかと…。
うまくかぶらないものですね。
もしかして、かぶっているようでは、プロのカメラマンさんとしては
厳しいのかもしれないですね。
全然、専門的なことわかりませんが…。

個人的には、30年の歩みを振り返るコーナーも
面白かったです。
約30年前の【月刊アキュート】を発見!
当時はサイズも小さく、イベント・公演の告知が中心
だったようです。
安全地帯のコンサート情報、
プッシュホンの広告が入っていたり
写真と関係ないですが興味深かったです。
地方での単行本はまだしも、
雑誌は時期を過ぎると古本市場でも貴重…。

【岩手県広告写真家協会】の
5周年、20周年当時の記念誌もありました。
非常に面白かったです。
お世話になっているカメラマンさんの
若かりし頃の作品、
また、お会いしたことはないけれども
なんだか気になる写真を撮る方。

現在は、デジタルが当たり前になり
プリント写真にめったにお目にかかることはなく
(フィルムが好きな方はたくさんいると思いますが)

誰でも、カメラやスマホの性能がよければ
それなりに撮れる時代…。

まぁ、その技術の進歩のおかげで
助かっている部分も多いので
うまく使い分けができればいいのかなと思います。

いずれにしろ、機械の性能がどんなに良くても
使うのは人間ですから
やはり「その人」次第ということなんでしょう…。

いろいろなことを感じさせてくれた写真展でした。
ありがとうございました。









関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://acilmorioka.blog.fc2.com/tb.php/367-9ce32e48
該当の記事は見つかりませんでした。