いわてから持続可能な暮らしを発信・半農半ライター・アシル編集人日記

【心と体、環境の調和】をテーマにした「いわてのZINE Acil」を制作・発行しています。記事内の店舗情報等は訪問当時のものです。イベント情報等についても、最新の公式情報のご確認をオススメします。リンク希望の方はコメント欄などでご連絡ください。写真、文章などの無断使用はご遠慮ください。

雪は天からの贈り物

0   0

こんにちは。
先週に続き、今週も週末は雪が多いようですね。
あわてて、ホームセンターで長靴や除雪グッズを買い込む人々を見ていると

北国はいつもこんな思いをしてるんだよ、農家もサラリーマンも主婦も学生も、野球やサッカーのスポーツ選手も…
などと思ってしまいます。
関東以南の方は慣れない雪で思わぬけがをしないよう、お気をつけください。

冬の話題では、岩手ですと「本州一寒い盛岡市玉山区藪川」や、その玉山区藪川での「岩洞湖のワカサギ釣り」が知られていますが、県の中西部に位置する西和賀町は豪雪地帯で冬季の積雪量は3メートルにもなります。

降る量によっては災害にもつながる「雪」は「克雪」「利雪」というキーワードでも語られますが
西和賀町で雪となだれの研究をした高橋喜平(きへい)さんの考え方や著書が
「雪」に対するプラスのイメージを広げるきっかけになったのではないかと思います。

西和賀町には高橋さんが創設した「雪国文化研究所」があり、
「雪」と共存する暮らしの知恵などの情報を発信、
かんじきなど雪国体験や結晶の観察なども行っています(要予約)。
雪国文化研究所

また、こんな面白いイベントも。
南のほうでは梅が咲く地域もある中…3月に雪掘り合戦です。
日本列島は長いですね。
春よ来い! にしわが春出し競争2014

自然とのつきあい方で、結果は変わるということ。
「雪」を楽しんでしまおう、という発想自体が、それほど「雪」に北国は翻弄されてきたことの証だと思うのです。
とはいえ、北国の方も油断は禁物です。
雪道の車の運転も慣れてきた頃が危険ですから、注意していきましょう。
「春」はまだ遠い…。

140214日本雪氷学会
(撮影・伊藤陽一氏)







↑よければポチッとお願いします。





関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://acilmorioka.blog.fc2.com/tb.php/176-74df6aac
該当の記事は見つかりませんでした。