『いわてのZINE Acil』いわてのジン アシル編集人日記

【心と体、環境の調和】をテーマに、食や農、手仕事、場づくりなどについて取材した雑誌「いわてのZINE Acil」を制作・発行しています。

寒い…みたけの茶井家【サイケ】で暖をとる

こんにちは。「寒くなったね~」 を会う方、会う方と合言葉のように交わす今日このごろ。冬支度もいろいろあるのにあれもやらねば、いやこれも待てないでしょ、といろいろしているうちに少し前から熱はそんなにないのに頭が重い・節々が痛い・寒気がするという困った状態で、できるだけおとなしくしていました。動けないこともないのが、いいんだか悪いんだか…。普通に日中も仕事しているのですが先日お昼に盛岡市中心部から少し...
0

畑で出会いました

おはようございます。今朝、盛岡は屋根が真っ白。本日はこれから取材に行きますが運転するのが超こわい状況です^^;先日、雪が積もる前にとすっかりジャングルと化した我が畑に行って参りました。さつまいもの葉の海です。なかなか来られないので、いもは保存がききますが思い切って一気に収穫しました。そして出会ったのがこの方。ハタネズミというそうです。正確には、いもを手で掘っていたらこの方↑ の赤ちゃん1匹を発掘し(ま...
0

【いわての在来作物を楽しむ会】in盛岡市材木町・ミタイミタ

先日、スローフード岩手主催の「いわての在来作物を楽しむ会」に参加させていただきました。会場はスペイン料理店のミタイミタ。会のテーマは「今、なぜ在来作物を守る必要があるのか」。在来作物とは一般に、ある地域で代々受け継がれる中で、固有の特長をもつに至った作物。「Acil」6号でも取材させて頂いた岩泉には安家地大根や南部の地ウリ、三階ネギ、雑穀などの在来作物が伝えられています。地域の人々の食文化を含めた種の...
0

6号【さわや書店上盛岡店】でも販売中&Blog紹介ありがとうございます

こんにちは。岩手はすっかり冬です。盛岡はまだ雪こそつもりませんが…トゥルトゥルの凍結道路を運転&歩く日がおそろしい今日この頃です。さて「Acil」6号ですが、さわや書店の上盛岡店でも取り扱って頂いております。入口入ってすぐ左の「岩手の雑誌」や「全国区の週刊誌」とともに陳列されております!実際に書店の棚に並ぶ姿を見ると、また表紙のデザインなど考える部分があり、とても勉強になります。次回以降に活かしたいと思...
0

雫石町 アート・ブック・カフェ【serendipity -セレンディピティ-】

先日、岩手県の雫石スキー場麓にある小さなお店【serendipity(セレンディピィティ)】さんに行ってきました。開店は今年の6月中旬頃。若手作家が手がけたアート作品の展示・販売、芸術・文学・心理学などの古本販売(もちろん閲覧も)、店内でコーヒーや紅茶を楽しむこともできます。アート作品の鑑賞のみでもOKだそうです。店名の serendipity=偶然を必然と捉える能力のこと。これは同店のブログによるとスタッフさんの解釈が...
0

kula caravan2013秋@遠野麦酒苑

民話のふるさと、「遠野物語」でも有名な(近年は水谷豊さん主演の映画の舞台にもなりました)遠野市にて、秋の【kula caravan】が開催されました!kula caravan(クーラキャラバン)とは、できる限り環境に配慮し育てた農作物、その農作物を加工した食品、マクロビオティックメニュー、各農園の植物を素材として生かしたキャンドルなどの、作り手さんたちが連携して出店するマルシェ。昨年からスタートし、今年は春・秋と開催され...
0

「Acil」6号配達中…菜園【Be with U】でひとやすみ

ついに初雪。盛岡は今朝マイナス2℃。これから雪道の運転、気のぬけない日々が始まります。まだ、タイヤ交換できてませんが^^;しばらく何の動きもないこのブログでしたが、「Acil」6号の配達をしておりました。今回から新たに、太陽と月の家(yogaスタジオ内にて)親子カフェConnected←ConnectSerendipityの皆様にもご協力頂き、見本誌を置かせて頂いております!ありがとうございます!!ご協力頂いているお店に伺うと皆さんお忙しい...
0

岩手の持続可能な食と農の小冊子「Acil」6号 好評発売中です

2013.10月31日 最新号「Acil」vol.6発売中! ※在庫わずか A5版・36P 定価¥735(税込) 100%再生紙使用“晩秋 あらてめて食について考える”本誌Contents◎食+農 フォトグラファーマーがつくる 無農薬の山ぶどうWILD GRAPEFARM 八幡平山ぶどう農園  三浦学さん◎木村秋則さんに学ぶ自然栽培のリンゴづくり 遠野市 佐々木悦雄さん◎岩手で初開催「オーガニックフェスタinいわて2013」を振り返って実行委員会 日野雄策さん(「G...
0
該当の記事は見つかりませんでした。