『いわてのZINE Acil』いわてのジン アシル編集人日記

岩手を中心に食・農・手仕事・場づくりなどについて取材した【いわてのZINE Acil】を発行しています。他においしいもの情報、本や映画の感想など。

春の味覚・岩泉の花芽わさびをふすぺてみた

こんにちは。先日、道の駅いわいずみで購入した花芽わさび。当日店内に設置されていたチラシをもとに「ふすぺて」毎日楽しんでいます。ツンとした辛味が新鮮です(´ω`人)初めて知りましたが、「ふすぺる」は岩手の方言で「辛味を強くする」ことだそうです。試してみて、相性よしと思ったのは・そのままご飯にのせる(卵かけご飯もあり)・納豆に混ぜる・冷奴にのせる・お茶漬けに後のせするです。ほかのお料理にも使えないかと思い...
0

2015.12/4(金)開催 岩泉の炭を使った伊藤シェフの料理教室@カンティーナ

こんばんは。訪問ありがとうございます。先日、岩泉で開催されたお料理教室に行って参りました!...
0

タカキビ収穫@岩泉

こんにちは。10月に入り、盛岡は急に寒くなりました。最低気温も一桁になり、最低気温と最高気温の差がいよいよ縮まっていきます。先月、岩泉でタカキビの収穫を体験してきました。その名も「きびだんご大作戦」。5月のタカキビの種まきに続く第2弾です。同町の「すだれ小豆」も使い最終的には、自分たちで「きびだんご」をつくって食べようじゃないかという企画です。スローフード岩手事務局さんのご案内で10名前後が県内各地から...
0

安家産物直売所

前回「安家地大根」の凍み大根作りでご紹介した岩泉町の北部を流れる清流・安家川。アイヌ語でワッカ(きれいな水)という名の由来の通り、水の澄んだところにしかすまない貴重なカワシンジュガイ(町指定天然記念物、採取はNG)が生息しています。また流域にダムがないため、渓流釣りのメッカとしても知られているそうです。安家地大根の凍み大根作りでお世話になった安家産物直売所には、興味深い食品がたくさんありました。思わ...
0

【いわての在来作物を楽しむ会】in盛岡市材木町・ミタイミタ

先日、スローフード岩手主催の「いわての在来作物を楽しむ会」に参加させていただきました。会場はスペイン料理店のミタイミタ。会のテーマは「今、なぜ在来作物を守る必要があるのか」。在来作物とは一般に、ある地域で代々受け継がれる中で、固有の特長をもつに至った作物。「Acil」6号でも取材させて頂いた岩泉には安家地大根や南部の地ウリ、三階ネギ、雑穀などの在来作物が伝えられています。地域の人々の食文化を含めた種の...
0

昔のとうふとり in 岩泉町

10月20日、岩泉町の小川地区で行われた「こがわ産直市」と「炭鉱ホルモンまつり」に行ってきました!すでに10日以上も前の話題ですみません…。 岩泉町の小川地区には平成8年まで炭鉱があり、石炭や耐火粘土が採掘され、最盛期の昭和15年には1,000人もの人が働いていたというからオドロキです。現存はしていませんが、かつては居酒屋や映画館、社員寮、迎賓館まで備えた一大炭鉱ワールドが広がっていたのだそう。“炭鉱ホルモン”と...
0

岩泉のお土産

先日、岩手の真ん中・宮古市の北に位置する「岩泉町」にお邪魔し、写真のようなお土産を頂きました。なんと(?)、じゃがいもを干したものです。※縦写真ですが、なぜか横になってしまいます。ご了承下さい。地元ではこれを粉にし、郷土料理の「すいとん」などに使うそうです。昔ながらの知恵の結晶。岩手の他の地域でも、同じような風習があるのでしょうか?しかも、このじゃがいもは国道沿いで、多くの観光客も訪れる「道の駅い...
0
このカテゴリーに該当する記事はありません。