『いわてのZINE Acil』いわてのジン アシル編集人日記

【心と体、環境の調和】をテーマに、食や農、手仕事、場づくりなどについて取材した雑誌「いわてのZINE Acil」を制作・発行しています。

大川航矢さんと寺田翠さん客演@弘前 アカネバレエ教室発表会【感想】

こんにちは。冒頭にお伝えしておきますが本日の記事はとても長く、苦痛を味わう可能性があります。また、バレエにまったく興味のない方には「何が何やら」かもしれませんので、予めご了承下さい。本来であれば、私用のためだけに県外へ行く余裕はないはずの7月に弘前でバレエの発表会を拝見してきました。●今年6月の「第13回モスクワ国際バレエコンクール」男性シニア部門デュエット金賞の大川航矢さん(青森市出身/現在25歳、タ...
0

2017.10/14-15@一関市千厩町【せんまや本町アートフェスティバル】

一関市千厩町で今年初開催される「せんまや本町アートフェスティバル」。Acilの10号で取材にご協力頂いたチバモトコさん(Rug Weaving Note・ラグの展示)と13号でお世話になった加藤鉄平さん(現代アート)が参加されます。千厩町のまちなかを生かし、作品の展示や舞踏(!)、馬車の運行、ハロウィン夜市などが行われるようです。1日目は夜市があり、2日目は舞踏と馬車。開催時間や内容がそれぞれ異なりますので、最新の情報を公...
0

【風の電話】さわや書店本店でお取り扱いスタート

【Acil vol.8 場をつくる】の取材でお世話になった、大槌町「ベルガーディア鯨山」の佐々木格(いたる)さんがこれまでの活動をまとめた単行本「風の電話 大震災から6年、風の電話を通して見えること」を8月に刊行されました。内容については、以前のブログ記事↓「ベルガーディア鯨山」の佐々木格さんが「風の電話」を刊行でもお伝えしていましたが、この度さわや書店本店さんで取り扱いがスタートしましたので、あらためてお知...
0

2017.11.26(日)開催【いわてデザインデイ】出展者募集中

岩手のデザイナーが企画・発信するイベントとして2013年にスタートした「いわてデザインデイ」。今年も盛岡駅裏のアイーナにて11月26日(日)に開催されます。私は最初の年に行ったことがありますが毎回県内のクリエイターさんやデザインに関わる企業学生さんなどが関わって、盛り上がっているようです。ブースはクリエイターと企業に分かれており、実行委員会の企画や紙の見本市などもあります。出品されているものはクリエイター...
0

「ベルガーディア鯨山」の佐々木格さんが「風の電話」を刊行

【Acil vol.8 場をつくる】の取材でお世話になった、大槌町「ベルガーディア鯨山」の佐々木格(いたる)さんがこれまでの活動をまとめた単行本「風の電話 大震災から6年、風の電話を通して見えること」を刊行されました。初期の文章校正をお手伝いさせて頂きました。coffee:cafe302「風の電話 大震災から6年、風の電話を通して見えること」定価:本体 1,800 円+税発行:2017年08月15日頁数:212頁判型:四六ISBNコード:978-...
0

「暮しの手帖」が【戦中・戦後の暮しの記録】を募集・締切迫る

先日の、あの国の行為には驚かされました。話が通じない(通じないふりをしている?)相手は本当に怖いです…。不穏な気配を感じつつ、本日の本題に入ります。「暮しの手帖」社が「戦中・戦後の暮しの記録」を9月末日(当日消印有効)まで募集しています。↑各画像ともクリックで拡大します。すでに、初代編集長の花森安治さんが発案したという全国から寄せられた投書を編んだ単行本「戦争中の暮しの記録(1969年)」がロングセラー...
0

【本のまち八戸】を掲げる市営書店【八戸ブックセンター】に行ってきました

こんばんは。2016年12月にオープンした【八戸ブックセンター】に先日行って参りました。こちらは、八戸市が【本のまち八戸】構想を掲げ運営する書店です。本を通した八戸の文化の発展、まちの活性化に寄与することを目指しているそうです。「良質だが売れ筋ではない本」を揃え、もとから年4000万円ほどの赤字も想定したうえでのオープンということでそんな覚悟で新設する市営書店って?というところに興味があり、一度は行かなけれ...
0

三木清【人生論ノート】感想:今だからこそ多くの人にオススメしたい本

こんにちは。いま哲学者・三木清さんの「人生論ノート」を少しずつ読んでいます。NHK総合「100分de名著」で紹介されていて、興味をひかれたので読み始めました。まだ読んでいる途中ですが、自分が理解するのを待っているといつになるのか分からないので、ご紹介します。三木清さんは、1897年兵庫県の生まれの哲学者。京大卒業後にドイツ・フランスに留学し、ハイデッガーらに師事。帰国後、マルクス主義哲学、西田哲学を研究。1930...
0
このカテゴリーに該当する記事はありません。