『いわてのZINE Acil』いわてのジン アシル編集人日記

岩手を中心に食・農・手仕事・場づくりなどについて取材した【いわてのZINE Acil】を発行しています。他においしいもの情報、本や映画の感想など。

北上市・岩手県立農業ふれあい公園 農業科学博物館

先日、富士大学近くの「岩手県立農業ふれあい公園」内にある農業科学博物館に行ってきました。第1展示室「農業れきし館」では、さまざまな農具や衣服、調理道具の展示と解説があり、小1時間かけて拝見しました。第2展示室「農業かがく館」は、時間の関係で見られませんでした。※館内はフラッシュ撮影NG入館してすぐのスペースでは第74回企画展「岩手の風土・食事情 ~ むかしの食生活」を開催中でした。こちらは、12月26日(火)ま...
0

2017.12.2~2018.4.8@秋田県立博物館【植物を編む - 暮らしの中の編組-】

●秋田県立博物館にて、12月2日から「植物を編む - 暮らしの中の編組- 」と題した企画展が開催されます。編組品とは竹や草、樹皮、つるなどの植物を編んで作ったもの。秋田は籠をはじめ編組品の製作が盛んだそうです。同展では、県内各地で作られた農具や運搬具、台所用品などを中心に素材となった植物や、植物を生かす技術などを紹介します。地域ごとの編組品の特徴にも迫り、他県の製品も登場。岩手県一戸町の鳥越のスズタケ細工...
0

【箕サミット】が無事に終了

こんばんは。うっかりしている間に、以前教えてもらい興味を持っていた東京文化財研究所のイベント【箕サミット】が終了していました 笑。昨日気づいたのですが、その日が開催日でした!いや、それだけのために東京へ行くのは次号を制作中の私には難しかったのですがせめてブログでお知らせしたかったなと。秋田魁新聞の記事によるとたくさんの人が集まったようで何よりです。Acil 10号で、一戸町面岸(おもぎし)の箕をつくる方...
0

2017.11.11(土)-12(日)開催【第8回 二戸の工芸手仕事展】

こんにちは。本日、もう始まってますが明日まで二戸駅に隣接する「カシオペアメッセ・なにゃーと」で【第8回 二戸の工芸手仕事展】が開催されています。二戸市周辺地域の工芸品の展示販売、製作の実演、製作体験などが行われるそうです。Acil10号で取材させて頂いた、一戸町面岸(おもぎし)の戸部定美さんが参加されていて地元の素材を使った「ニギョウ箕(み)」の製作実演も披露されるようです。戸部さんに取材時に聞いたお話で...
0

2017.12.26(火)まで北上で開催中 企画展【岩手の風土・食事情 ~むかしの食生活~】

北上市の「農業科学博物館」で第74回企画展「岩手の風土・食事情~むかしの食生活~」が今年の12月26日(火)まで開催されています。↑2枚目は画像をクリックで拡大します。広大な面積をもつ岩手県ではさまざまな地形・風土に合わせた穀物が栽培されてきました。企画展では写真にあるような、穀物の保存や調理に使う道具が展示されるとともに各地域ごとに特徴のある食材や食べ方が紹介されるようです。年末までと開催期間が長いので...
0

2017.11.18(土)19(日)@岩手県公会堂【漆DAYS いわて】

10月に二戸で【うるしまつり】が行われましたが11月は盛岡の岩手県公会堂(登録有形文化財)で【漆DAYS いわて】が開催されます。日本国内に流通する国産漆の割合は数%、その国産漆の7割を生産する浄法寺漆を中心に岩手県内の漆文化に親しめる2日間となっています。講演会やワークショップなど、内容盛りだくさんですが個人的には金継ぎや資料展示が気になります。漆器でコーヒーやお酒を楽しみながら漆に関する本が読める「うる...
0

ラオスからの風@平泉SATOさん

盛岡は梅雨があけてから、すっかり秋の空気になりました。朝夕は半袖だと寒いくらいです。岩手の沿岸では特に8月上旬から続く日照不足が懸念されています。皆さん体調崩していませんか?私は夏バテにはならない(食欲が落ちることはない 笑)体質ですが一応、新鮮な夏野菜を多めにとったりお酒を少し控えめにして甘酒にしてみたり冷たい麺類ばかりでなくおコメをとったりしてました。バテていないのは良いのですが夏は冬より基礎...
0
該当の記事は見つかりませんでした。